画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。

スポンサードリンク








先週末に、CAMPFIREにて九州北部豪雨災害の義援金支援をさせて頂きました。
(本当に本当に少額ながら)


そしたら、週明けには早速、4,679,800円を、
福岡市に振込頂けるとの報告が舞い込んできました。




このスピード感は、さすがですね。

とはいえ、福岡市かぁ。
まぁ、朝倉市や大分県日田市の情報が主に報道されているものだから、
市内の状況は私にはわからないのだけれども。
とはいえ、上記の被害甚大な2都市ではなく、福岡市かぁ。

まぁ、主要都市なので、被災のリカバリの経費はもちろん、
被害甚大だった地域への支援に向かう費用に充てられるんだろうな。
(こう書くと、まるで福岡市は被害がなかったように見えてアレですが。)

私もVALU上で義援金を募っているのですが、
以下の義援金情報を見つけたので、
集まった義援金の一部は、こちらに振り込もうと考えています。



こうしたローカルな情報が集まるのは、facebookの強みですね。

というわけで、引き続きVALU上でも義援金を募集しています。


現行の VA出来高 * VA単価現在値 が、だいたい ¥45,000 なので、
これくらいなら丸々義捐金に回そうかな、と。
義捐金自体は然るべき窓口に振り込み。
9月中旬の、うきは市職員様との会合にて、
VAer様連名で、寄付した旨の報告、というプランで行くか。
(当方でVA所有頂いていることが観測できる範囲での連名となります)


事業構想_201706

私がやろうとしている事業の構想の一つに、
「小中高校生を対象にしたICT教育」を掲げています。

これは、収益性を重視した事業ではなく、
あくまで、地域に溶け込み信頼を得るための事業と位置付けています。

さて、7/9(日)に、私がICT教育の事業モデルにしようとしている、
「ジュニア編集局」という、
「こども達で、こども達のための新聞を作る」という趣旨の活動を見学させて頂き、
仕掛け人の方々にお話を聞くことが出来ましたので、
簡単にですがレポートを書いてみます。

(ご本人達からブログ掲載の許可を頂きそびれたので、
 具体的な組織名等の明記は差し控えさせて頂きます)
続きを読む

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ