画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。

スポンサードリンク


この記事を書くに至った経緯


十数年もの間、空き家になっており、老朽化の激しいうきはの実家について、
「うきは市老朽危険家屋等除去事業」の補助対象となり、
申請すれば家屋の解体の際に補助金が降りることとなりました。

これを受けて、家屋解体、及びその後の建て替えについて、現実味を帯びてきましたので、
ここらで「この土地でこんなことがしたい」的な希望・妄想を棚卸ししておこう、という趣旨です。

はじめに:2019年6月初頭時点の生存報告


ブログの最終更新が昨年末ですってよ。
みなさま明けましておめでとうございます。
気付けば元号も変わってましたよ。
今後ともよろしくお願い致します。

うきはに移住して、とうとう1年が経過しました。
今のところ、特に不便なく生存出来ております。
スーパーもコンビニも近いから田舎暮らし感は皆無です。
気がかりがあるとすれば、かかりつけの病院が近々廃業なされるらしく、
体調崩した際のかかり先を新たに開拓せねばなぁ。くらいでしょうか。

移住の意思について、原点に立ち返る


移住の決意をしたのが、2016年の末頃。

「今の仕事(web系エンジニア)って、住む場所にこだわらず出来るよね」
「だったら自分の住みたい場所で仕事したいよね」
「うきはの父の実家の空き家、いい加減誰かがどうにかしないと」
「あそこで自分で生業を作れたら良いだろうな」

その後、様々な方とお会いする中で、
創業だ!ICT教育だ!と色々と意気込んだりしたものの、
現状で達成できていることといえば、「うきはに自分という駒を置く」ところまで。
地元のデザイン事務所さん・地域プロモーションNPOさんに拾って頂き、どうにか生存出来てます。

一応、開業届を出したりはしましたが、自らの手で生業を作るまでには至らず。
(個人で請けている仕事は受託開発)

まぁ、どうにか日々の生活資金を稼ぎつつ、事業資金を蓄えつつな現状です。

話が逸れました。
私の移住の動機の主たるところって、
「実家の土地を活かして生業を作りたい」というところに落ち着くのです。

移住して1年。準備期間含めれば、それ以上。
その間、見たり聞いたり考えたりした、仕事・稼ぎ方・生き方・資産形成・エトセトラ・エトセトラ。
それらをギュッと濃縮して、家を建てたい。
「家を建てたい」だと若干語弊があって、もっと言えば「拠点を作りたい」。

とは言え、やりたいことが頭の中に、あれやこれやと浮かんでは消える現状なので、
一旦、書き起こす形で、思考の具現化をしていこう。というのが今回の趣旨です。続きを読む




(写真は晩秋のうきは。うきはで紅葉と言えば「柿園」の紅なのだ。)

-----

「節目に何かする」というのが、あまり好きではない。
元日や誕生日だからといって、その先の1年の目標を立てることもしないし、
歳末だから大掃除という風習にも違和感を覚える。
(かといって、常日頃から居住空間が清潔に保たれているかは別問題)

されど、今年だけは。
自分の中では大きな決断と行動の伴った、この年の歳末だけは、
振り返って残しておいてもいいんじゃないかと、思い立ったのが大晦日の夕暮れ時。

正直、筆が重い。
「年初に思い描いていた年末の自分」に、今の自分がほとんど近付けていない。
焦りや不安や挫折感を抱えたまま、それでも筆を執る。続きを読む





私はこの記事を書くにあたって、
「なぜゆるキャラグランプリの投票期間中に執筆しなかったんだ……」
と後悔していますが、それはさておき。


うきはの"ゆるキャラ"である「うきぴー」が、twitterアカウントを開設しました。
夏のおわりの話です。

続きを読む

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ