先日、バイク乗車中の車載(正確にはメットに取り付けている)動画をアップしました。
実は結構撮りためているので、その中からひとつ紹介しようと思います。

それは、2016年の10月。
シルバーウィークが明けた後の三連休を利用して、
「そうだ。長距離ツーリングに行こう。」と思い立ったんです。



行き先は「石巻」と「気仙沼」。
当時、「日本人として、被災地の様子は自分の目で見なきゃいかんだろう」と、
妙な使命感を持って、現地に向かったのを覚えています。

1泊3日の弾丸旅行。 
仕事明けの金曜夜から夜通し東北自動車道を走り、
土曜の朝には石巻に到着し観光。
お昼前には峠を越え、気仙沼へ。
昼食を取り、資料館を見学し、日帰り温泉を探し、そのまま宿を取り。
夕方前にホテル周辺を散策。部屋に戻って泥のように就寝。

で、翌日の朝。
関東に戻るために出発した時の様子を、以下にて。

 

気仙沼港周辺の町並みを眺めながら、
前日に散策した時の記憶を呼び起こしながら、
私は次のようなことを語っていました。

「プレハブと新築と廃墟と、町には色々な建物が入り乱れている」
「災害を受けて、未だに立ち上がれない人、何かを諦めた人、
 立ち上がった人、色々いるのだと思う」
「立ち上がった人たちが居る中で、被災地を、いつまでも被災地と呼び続けるのは、
 失礼に当たらないだろうか」
 
もちろん、完全に復旧したわけではない。
みんながみんな、前に歩き始めたわけではない。
未だに時が止まったままの人だっていて、
そうした人たちに対して、無理に前を向けなんて言えない。

それでも、だからこそ、災害を乗り越えた人や場所に対して、
応援したい気持ちはあるし、いつまでも辛気臭い眼差しを向け続けるのも、違うと思う。

「ポスト被災地」というか、「ポスト復興」というか、
「復興のその先」を見据えている人って、どれだけ居るだろう。
これは東北に限らず、あらゆる被災経験地に当てはまると思うのだけれど、
 「被災」というターニングポイントを経て、それをバネにして、
 その土地でこれから何ができるのか。
これから「地方」をキーワードに何かしら仕掛けていきたい身としては、
考えていかなきゃならないテーマかな、と思います。