画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。


前回に引き続き、 検査入院のレポートをば。
これまでの経緯は睡眠カテゴリの記事から諸々見てね。

例によって実況tweetをまとめただけになります。 













はい。そんな感じで。
検査結果は来月末に通院して確認します。

以下、反省会



基本的に2,30分程度の睡眠中の記録を何回か取るだけなのですが、
本当に本当に地味にツラかった。

医「はい、センサーチェック終了しましたので消灯します。寝てください。」
私「さすがに即では寝れねぇよ!」

30分後

私「(あ、そろそろ寝れるかも)」
医「検査終了です。次の検査まで自室で待機しててください。それまで寝ないで。」
私「(くっそ眠い)」

これを5回繰り返します。
無理矢理寝ようとするのもツラいし、検査開始まで寝れないのもツラい。

あと、検査と検査の間が1時間半あるのですが、
施設の外には出れないので、暇潰しの道具を持っていく必要があります。
一応、施設からTVが貸与されますが……
私はPCと電子書籍を持ち込んでいたので、それで凌ぎました。

検査期間中は、PCがあって大助かりしたのですが、
問題は検査の前後。というか病院への行き帰り。
さすがに13インチのMBPを担いで歩き回れる身体じゃなかったよ私。
おかげさまで肩こりがマッハ。

ちなみに院内はwifi飛んでないし部屋に有線も無いので、
スマホのテザリング機能で乗り切りました。
2日間で上下合わせて300MB強くらいの通信だったかな。PCだけで。
まぁ、基本は文章書きに使って、たまにネット見る程度の使用でそれでした、と。

あと、地味にツラいのが食事。
前述の通り施設から出られない&売店が別の建物なので、
事前に買い込んでおく必要があります。


控えめに言って上記のチョイスは失敗でした。
特に飲料。
検査期間中はカフェインNGなので、コーヒーはもちろん緑茶もNG。
ですが、カフェインレスなら何でもいいので、
スポーツドリンクとか、飲むヨーグルトとか、もう少し選択の幅を事前に用意すべきだった。
そのうち「カフェインレス飲料特集!」とかで1記事書いてもいいな……

睡眠障害の検査入院レポート、だいたいこんな感じです。
思い出したらまた何か書きます。

これで日中の眠気について何か分かればいいなー。
時間も体力もお金も使ったからなー。これで異常無ければ徒労だよなー。 
執筆者プロフィール

※この領域は現在工事中です

↑このページのトップヘ