画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。





2017/5/20(土)。
サバゲーをしに相模湖まで行ってきました。

向かったのは、「さがみ湖リゾートプレジャーフォレスト」という複合施設。
遊園地や温泉、キャンプ場などがあるのですが、
しれっとサバゲーフィールドも展開されています。
 



我々が使ったのは、上記の地図の、緑の3番です。

さて、上記マップだと、最寄りの駐車場からフィールドまで、結構な距離があります。
我々も、最初は勝手が分からずに、「第四駐車場」に集合しました。





その後、車やバイクから荷物を降ろして、徒歩でフィールドに向かったのです。



で、「キャンプ・ホビー入園口」に差し掛かったあたりで皆思います。
「何かが、おかしい」と。



運良く、そこが予約確認の施設でもあったらしく、
一通りの案内を受け、地図をもらいます。

その施設からフィールドまでは、アップダウンが激しく、
途中でいくつもの周辺施設を通過します。
案の定、駐車場のおじさんにも言われてしまうわけです。
「ここから歩きは無理だね」と。

第四駐車場から車を回収し、改めてフィールドに向かいます。
峠道を、大体5分くらい走って到着。
これ歩きだと1時間以上かかっただろうなぁ。
サバゲどころではなかった。



まぁ、GoogleMapで見ても、
入り口(プレジャーフォレストと道路が隣接してる箇所)から結構奥に入るわけですし。



写真右奥の獣道の奥に、フィールドが広がっています。



駐車場は、詰めれば5台くらいは収容出来るのではないでしょうか。







サバゲフィールドと言う名の雑木林です。

ちなみにですが、運営さんはフィールドは貸してくれますが、
ゲーム進行とかジャッジとか機材レンタルとかは一切ないので、
全て自前で工面する必要があります。
装備はもちろん、フラッグ戦用のホイッスルなんかも貸し出しはありません。

利用料ですが、フィールド貸切り料が2万円と、入場料が一人1000円だったかな。
この辺りはうろ覚えなので、利用を検討されている方は直接運営へお問い合わせください。
ちなみに、入場料に関しては、係員さんがフィールドに直接徴収に来てくれました。
(入園口での支払いではありません)

フィールドの特徴としては、高低差のある雑木林といった感じでした。

上段、中段、下段の3ルートが存在し、
段から段の移動は、急斜面になっているため、頑張れば可能です。

それぞれのルートの特徴としては、
・下段は一本道なので硬直戦になりがち
・中段はそこそこ広いし移動もしやすいが、視界が開けているため上下から狙われる
・上段が一番広く、木々もあるためタイマン張るのに適しているが、行くまでが大変
と言った具合です。

今回、我々が遊んだルールは、以下の通りです。
・合計8人なので4対4に分かれた
・陣地は、下段手前と中段奥にそれぞれホイッスルを配置
・ゲーム開始後、ヒットを受けたら自陣に戻り、
 全員帰ってくる=全滅したら、ホイッスルを鳴らしてゲーム終了
・敵陣まで攻め入ることが出来たら、敵陣のホイッスルを鳴らしてゲーム終了




やってみての所感としては、
8人でハンドガン戦やるのが丁度良いくらいのフィールドでした。
当初、「狭いのでは」と思っていたフィールドですが、
重装備を抱えながら、炎天下の下、上下への段移動を頻繁に行うため、
結構体力を持って行かれます。




フィールド全体が木陰になっているため直射日光は当たらないのですが、
この日は気温が高く、結構蒸したため、まめに水分補給を取るよう心がけました。


施設にごみ箱は設置されていないので、ごみは各自持ち帰りましょう。
我々が利用した際、以前に利用したマナーの悪いお客がごみを放置して帰った形跡がありましたが、
人がやってるからと言って自分たちがそういうことをやっていい訳ではありません。

初野外でしたが、とても楽しめました。
色々慣れてる友人に付いて行って、色々教えてもらえるのはありがたい限りです。
ありがとうございました。いいバトルでした。

執筆者プロフィール

KOBA / KOBA5884 / 小林佑輔

1987年生。青春時代及び社会人経験の初期を神奈川県で過した後、2018年5月、福岡県うきは市に移住。

システムエンジニアとして食い繋ぎつつ、そこで培ったスキルを地域貢献に活かせないか模索中。

詳しいプロフィールはこちら

↑このページのトップヘ