画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。




18時前でこれくらい明るいのだから、だいぶ陽が伸びましたよね。
13時頃から18時頃までずっと作業してました。
各位、熱中症にはご注意ください。
 


いちご




今週も、しっかり実をつけてくれています。



赤い実の比率がだいぶ上がった気がしますね。



イチゴの畝は一平米無いくらいの広さですが、十分森っぽい。



ひとつの蔓から、分岐して実がなるんですね。初めて知った。



泥落とし&輸送時の緩衝材代わりに、水に浸けて保管してたのですが、
この状態で持ち帰ったところ、母にめっちゃ怒られました。
水に浸けっぱなしだと傷むのが早まるとのこと。
来週以降はビニール詰めるなどで対処しようと思います。





なんとまぁ。立派な小麦色に。



これ、ぼちぼち収穫ですかね。
アドバイザーさん曰く、同じく麦を育てている別の利用者さんは既に収穫済みとのこと。
来週あたり、収穫フェーズに入るかもです。


絹さや




なんとまぁ。立派な小麦色に。
……完全に枯れましたね。


かろうじて実をつけてはいますが、



ご覧の通り虫に食われていたり、



なんか黒ずんでいたり、



なんか黒ずんていたりと、到底食卓に並べられたものでは無い感じに。

というわけで、次の植え付けに備えて撤去する運びとなりました。
おつかれさまでした。2週間ほど食卓に並びっぱなしだったので、
いざ別れるとなると名残惜しさがありますね。
ちなみに、株を抜き取った地表はダンゴムシの巣になっていました。

とうもろこし




デケェ。



そして、よく見ると実がつき始めている!



よく見ると、左奥の1本だけ、突出して背が高いのがわかりますかね?



他のとうもろこしが、ひとつのマルチ穴から2本生えているのに対し、
当該のとうもろこしだけ、マルチ穴から1本だけ生えている状態なんです。
結構生育に差が出るんですね。



というわけで、間引きを実施。
だいぶ育ってたので勿体無い気もしましたが、
今後、養分や陽当たりの奪い合いになることを考えると、
リソースを集中させた方が良いという判断です。

キュウリ




蔓が伸びてくれているのはいいんですが、盛大にネットからはみ出ている……



よく見ると、花の付け根から実になってきていますね。



いくつか間引いたのですが、この時点で見た目も味もきゅうりです。
捨てずに持ち帰ってピクルスにでもすればよかったな……



きゅうりの蔓に関しては、ネットに這わせて上に伸びて欲しいので、麻ひもで補強。
補強に際し、アドバイザーさんの指導のもと、ネットもしっかりと張り直し。
ピーンと張った状態にしないと、弛んで倒れるので。

人参




更地。
まさかの全滅。
これも全てネキリムシの仕業なのか……
寒おこしして雑菌やら幼虫やらは殲滅したはずだったが……



畝を掘り返したところ、よくわからない虫を発見。
お前か?お前がやったのか!?そもそも虫なのかお前!??



まぁ、枯れてしまったものは仕方がないので、
絹さやの撤去跡と併せて、耕し直します。
今度は失敗しませんように……!



絹さや跡地については、次にごぼうを植えることが計画されていたので、
予定に沿って肥料を加えます。
人参跡地については、何かしらは来週植えるのですが、追肥は無し。
何を植えるかについては来週相談。



畝を立てるのも、だいぶ様になったんじゃないでしょうか。



ちくしょう!台無しにしやがった!!お前はいつもそうだ!!!
(中央がずれて斜めになってる)
ちなみに奥側(人参跡地)は掘り返すだけ掘り返して1週間放置の構え。
ビニールマルチを張った畝には、来週の講習会でごぼうを植えます。多分。

ピーマン




白い花が頭を下げています。
よく見ると、他にも蕾らしき部位が。



ピーマンの!花!白いの!見て!!(なんでこの写真撮ったか忘れた)
よく見ると、小さいですが既に実になっている部位があるのがお分りいただけるだろうか。
左の子です。



フォーカスした写真あったわ。
これがどんどん大きくなるんですね。

ピーマンは脇芽摘みそんなにしなかったですね。
優等生なのか生育が遅いのか。

なす




だいぶ背が伸びた感があります。



こちらは結構脇芽たちが出てきてますので摘み取ります。
後ほど、アドバイザーさんに確認頂いたのですが、
どうやら摘む予定出ない枝まで摘んでしまったっぽい。
しかし、どのみち今後どんどん生えてくるから心配いらないとのこと。



あと、今後の生長に備えて、支柱を増やします。
ちょうどアドバイザーさんが帰られるタイミングで指示頂いたので、
この日は支柱を立てるのみ。他の区画さんの見よう見まね。
ここから、枝を麻ひもで縛って固定とかの作業があるようです。

ミニトマト




こいつもひたすらにデケェ。
まだ伸びるって話なので驚きです。



ミニトマトの花ですが、
テキストを読んだ限り、最初の花については、
意識的に受粉を促した方が良さそうでした。

また、アドバイザーさんから言われて気がついたのですが、
上記写真の中央に写っている太い枝、これも脇芽です。
残す枝より太いってどういうことなの……
この後摘みました。



ミニトマトの幹についても、本支柱に這わせる形で補強。
低域〜中域を補強しておかないと、背が高く育った後に折れるリスクがあるので。
ここでしっかり補強しておきます。

作業終了後の畑の様子




すっかり西陽。
夏野菜はやることが多く、半日丸々費やしますね。

次回は講習会。
また区画内に新たな仲間が増える予定です。

執筆者プロフィール

KOBA / KOBA5884 / 小林佑輔

1987年生。青春時代及び社会人経験の初期を神奈川県で過した後、2018年5月、福岡県うきは市に移住。

システムエンジニアとして食い繋ぎつつ、そこで培ったスキルを地域貢献に活かせないか模索中。

詳しいプロフィールはこちら

↑このページのトップヘ