こちらのイベントに、参加してきました。
川崎にオープンした、クリエイティブ施設「unico」の内覧会です。






川崎駅から徒歩10分。
私の職場からも、徒歩10分。
ついでに言うと、私の行きつけのゲーセンから、徒歩0分。






 建物は3つに分かれていて、
うち2つは稼働済み。ひとつは、1Fのみコインランドリーが稼働済み。
残りはcoming soon とのこと。

それでは、中を見てみましょうかね。



受付を済ませて中に入ると、中庭がお出迎え。
謎に木製のオブジェがありましたが、この謎については後ほど明らかになります。

内装自体は、リノベーションという形で、
古くからの建物の状態を残している箇所がほとんどです。



さて、メインの内覧です。




中にはバーカウンターがありました。
こちらは既にオープン済みとのこと。
金曜夜の仕事帰りのゲーセン帰りに立ち寄ることが、
この瞬間、私の中で確定したわけです。



なんといっても圧巻したのは木材FabLab!



ここ、もう少し写真撮っておきたかったなぁ。
CAD?で板をどう切るかを指定して、その通りに切ってくれるようです。
中庭にあったオブジェや、この後出て来るオフィスの内装は、
ほとんどこのFabLabで作ったのでは?

さて、続いては、入居者募集中だったり、
既に入居者が決まっている、上のオフィスフロアへ。



この、木をふんだんに使ってるこの感じ。
こちらの個人スペースは、まだまだ入居者募集中だったかな。




フロア中央に鎮座するミーティングスペース。



入居者募集中の部屋の1室。
3〜4人分くらいのデスクなら入りそうですね。
こうした規模の部屋について6〜7部屋ほど、まだまだ入居者募集とのことでした。
(もっと広い区画もあるのですが、既に契約済とのこと)



既に入居されているオフィスさんも見学することが出来ました。



こちらは、「Cats Glass Studio」という、ステンドグラス教室さん。


5歳くらいのこどもでも、ステンドグラス工作に挑戦させていただけるとのこと。




屋上にも上がれました。
行きつけのゲーセンをパシャリ。



屋上は屋上で何かに使えそうだなー
もういっそ屋上に弊社オフィス移転したい。



パーティは大盛況でしたね。
老若男女、あらゆる世代の方々が参加されている印象。
施設としての期待度の高さが伺えます。

 

会場の前の方は比較的空いていましたね。
というか、食べ物と出入り口が後ろに固まっていたため、
若干人の流れが悪くなってた印象です。
このあたり、次回開催のイベントで改善されているといいなと思います。



会場の前の方ではトークセッションなどが催されていました。
トーク登壇者としては、
・西田さん(オンデザイン / デザイナー / トークセッションファシリテーター)
・武井さん(株式会社ヨネヤマ / unicoビルのオーナー)
・中村さん(株式会社NENGO / unicoプロジェクトのプロデューサー)
・小田さん(川崎市議会議員)
・田村さん(川崎経済新聞 編集長)
という、unicoの立ち上げの主要人物たち。

アツいトークが繰り広げられましたので、いくつか抜粋。
・unicoのある「日進町」は、ドヤ街というマイナスイメージがあるが、
 このマイナスイメージを、何か仕掛けることでプラスイメージに持って行った時の、
 インパクトはとても大きい
・「日進町」は、可能性しか無い街だと思っている
・「日進町」は、色と匂いのする街。
・unicoという建物そのものが、街っぽい
・新しく何かを始める人と関わりたい
・地域のこどもや学生を巻き込んで、彼らに何かを残したい
・古いものは、壊したらもう作れない
・コンセプトに共感した人に、建物に入居してもらいたい

 * * *
 
さてさて、ここらで小腹が空いてきました。
unicoには、先に挙げたバーカウンターの他、
小洒落たレストラン……?なのか……?も、あったりします。
それがこちら。



「中目卓球ラウンジ」の、川崎分室。

(座席リザーブ料 ¥500/1人)



小洒落た雰囲気のレストランの中央に鎮座する、卓球台。



小洒落た個室の一角に鎮座する、卓球台。



スーツを着た仕事帰りのサラリーマンが真剣に卓球する姿を眺めながら、料理を待つ。



オリジナルカクテルも豊富。
名称がどれもユニーク。

 

店員さんにオススメを聞いたら、
こちらの期間限定のカクテルをオススメ頂きましたので、それを注文。

 

では、乾杯。
(先輩が注文したのは「川崎ワッショイ」)

 

グランドメニューはフレンチだったりイタリアンだったり。



っていうかピザが安い。
トッピングは自由に選べます。

というわけで、いくつかのフードを注文。



湘南香る牛肉たっぷり肉サラダ(レギュラーサイズ)
お肉の味付けが濃いめで、それが野菜と絶妙に絡まります。



本日の刺身の盛り合わせ
醤油ではなく、オイルや胡椒で頂きます。
これ、刺身というかもはや別の料理なのでは。



トマトベース + ベーコン + ナス
先輩チョイス。
ナスのシャキシャキ感とベーコンのジューシーさで、飽きずに食べれます。



チーズベース + ポテト + ゴルゴンゾーラ・チーズ
私のチョイス。
ぶっちゃけカロリーの暴力。
香りからしてデザート感がすごかった。
ここにはちみつもつけて頂けたので、完全にスイーツ。

上記を2人で食べたのですが、かなり満腹になりました。
QoL上がった感がすごい。

 * * *


実は食事中にやってきたのをお見かけしており、
「どこかで挨拶するチャンスが無いかなー」
「ってか編集長、卓球めっちゃうまいなー」
としばらく眺めていたのですが、なかなか声をかけるチャンスが無く。

諦めて、お会計を済ませて帰ろうとしたそのとき、
バッチリ目が合ったので、思い切って名刺交換させて頂きました。
&会社案内を持ってきていたので、お渡しすることも出来ました。

「弊社も、川崎の会社として地場を盛り上げようと考えています」
「ITソリューションをやってるエンジニアです」
「私、すぐ裏のゲーセンでfoursquareのメイヤーです」
など、色々とアピールさせて頂き。

最後は、「一緒に川崎を盛り上げましょう!」と、いい感じの雰囲気でおいとましました。

 * * *

unico、間違いなく「面白い人の溜まり場」になる予感がします。
FabLab、バー、レストラン、コワーキングスペース、シェアオフィス……
トークショー内にもありましたが、建物自体が「街」ですね。
それも、外部に対してオープンな街。

自分の今後のことを考えた際にも、色々とヒントを頂けたし、
何より、川崎を盛り上げようとしている方々との新たなコネクションが出来る期待感。

正式オープンは8月からとのことですが、
食に関するテナントは既にオープンしているとのことなので、
個人的には新たな3rdプレイスとして、今週末からでも機能してもらえそうです。

unico、今後ますます目が離せない施設になりそうです。