画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。






完全に私の一方的な思いつきで、彼に会いに行くことにしました。




発端は、彼がVALUに書き込んだ以下の優待情報。






ちなみに、VALU界隈の方々に「ツーリング」という単語を吹っ掛けると、
結構みなさま良い反応を示して頂けます。






そんなこんなで、中島さんに続き、VALUユーザとの食事の約束を取り付けました。


以下、予測される走行ルートです。ご査収ください。

 * * *

若くして林業での起業を志す、エリンギ ジェイソンさん。
自分も、日本の林業というか木材資源というか、そういうものの活用について、
もっと進めば良いのにな。と思っているので、しっかり応援していきたいです。

林業に関しては、私も次のようなプロジェクトを仕掛けたいな、と、
妄想が実現に向けて一歩前進しそうな段階なので。


なのでやっぱり、エリンギさんとも是非とも何か、一緒に世の中に仕掛けていきたい。
林業界に新たな風を吹かせる「共謀者」の関係になっていきたい。


そんなことを、ランチの際に語れたらな。と思っています。

せっかくなので、今妄想している林業活性ネタをひとつ。




あの、将棋界に彗星のごとく現れたあの人(名前くらいググってから記事にしろや)が、
幼少期に買い与えられたらしい知育玩具の「Cuboro」。
これ、海外製のおもちゃらしいのですが、木材製なので、
日本でも似たようなおもちゃを作れるんじゃなかろうか、と。

まぁ、こうした玩具に限らないのだけれども、
「日本の木材をどのように活用するか」について、
色々と思案出来たら良いなぁ。って。
ちょうど川崎に、「木工FabLab」も出来たことだし、
意外と木材需要、今後高まるんじゃないかなぁ。


林業の担い手を増やすことももちろん大事。
それと同じくらい、彼らが伐った木材を、どう活かしていくか、
その戦略も練っていきたいところ。
そのあたりの青写真をどのように描いているか、是非お会いして聞いてみたい。

 * * *

そんな感じで、VALUユーザさんのところには軽率に会いに行く機会は増やしていきたいなぁと。
ひょんなことから、VALU MEETUPの首謀者になってしまったし。


こっちも、週明けには会場押さえたり優待考えたりしなくては。
どんどん色々な人に会える仕掛けを仕込んで行くよー!

執筆者プロフィール

KOBA / KOBA5884 / 小林佑輔

1987年生。青春時代及び社会人経験の初期を神奈川県で過した後、2018年5月、福岡県うきは市に移住。

システムエンジニアとして食い繋ぎつつ、そこで培ったスキルを地域貢献に活かせないか模索中。

詳しいプロフィールはこちら

↑このページのトップヘ