単刀直入に申し上げると、添付画像の物件を入手したいんです。




本物件は、福岡県うきは市の「空き家バンク」に登録されています。



創業の拠点が欲しい

うきは市での創業のために、拠点が必要です。
友人も含めての移住となるため、それなりの広さが必要。
賃貸も考えましたが、友人の定住を考えると、
このタイミングで戸建てを買ってしまうのありなのかぁ、と。

私の本籍地の家屋は既に限界を超えている

「創業するだけなら、自分の本籍地を使えば良いではないか」
確かにその通りです。

それではここで、この3連休で撮影してきた我が家(本籍地)を見てみましょう。



庭は荒れ放題。
(これでも手入れ頂いているらしいのですが)



家屋内では、天井が落ち、床から植物が生えている。

……というわけで、
長らく空き家にしていた結果、
とても人が住める状態ではなく、
家屋の取り壊しやら建て替えやらで、
住めるようになるまで、それなりの日数が必要です。

朝田の空き家を使えると色々捗るんです

私の本籍地は、うきは市の朝田という地区にあります。
土地の広さとしては、だいたい1,000平米くらい。
そのうち半分が、庭だったり雑木林だったりしています。

家屋は使えないけれど、庭で野菜を育てたりとか、
建て替えに向けた諸々の準備をするにあたり、
出来るだけ近くに住みたいという願望があり。
そこに、同じく朝田に建っている空き家の話が浮上した、と。
ここを拠点にできると、だいぶ楽になるんだよなぁ。

その空き家自体が、9DKDKという、
都心では考えられないような間取りをしているので、
なんならこの物件でシェアハウスでも始めるといいのかもしれない。
(但しこの構想は近隣住民への配慮をしていない)

管理している不動産事業者に話を聞いた限りだと、
本籍地から歩いて通える距離なので、
毎日庭の手入れに通ったりとかも全然出来ますね。

1階を丸々客間にしてしまって、
そのまま情報発信私塾を立ち上げてもいいかもしれない。
まぁ、この事業自体は、
本籍地が無事建て替えできたら、そっちでメインでやるのだけれども。


 * * *

なんにせよ、移り住むための拠点の問題は、
早々に解決しなければならないなぁ。

私一人で移住するなら、
最悪親戚の家に転がり込むなりの対処が取れるのだけれども、
チームで動く以上は、それなりの公私共に快適に過ごせるスペースが必要だ。

まぁ、私一人で頭を捻っても仕方がないので、
チームで相談しますかね。
どうにか800万円、耳を揃えるか、
仮拠点の妥協できるラインを探るか……