画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。


一時期(今もか)、「過払金の返済手続きはXXXまで!」みたいなCMありましたよね。

あれ、出始めの頃って「借金沼にハマった人は大変だなぁ」と思って見過ごしてたんですよ。

自分は過払金が返ってくるような借金、してないですもん。



……本当に?

と思って我が身を振り返ったら。

ありましたわ。完済済みの借金。100万強。

 

この借金、ヒゲ脱毛のコースパッケージ的なものを社会人1年目の時に契約した時のやつですね。
この辺のお話はいずれ機会があれば記事にしようと思います。

今でこそ完済しているから笑い話(目が笑ってない)で済むんですが、
あの時は本当に「事務手数料」という名の「利息」に泣かされましたね。
毎月、借金の残高の1%を、返済額とは別に徴収されるワケです。
借金残高が80万円あれば8000円。年間10万弱。
(実際は月々借金を返済するのに伴い残高が減るので若干下がりますが)

学生時代の時に、初めて作ったクレジットカードを
しばらくリボ払いで運用していたのですが、その時に初めて利息の怖さを知りました。
まるで成長していない。 

で、トータルで結構な利息を持っていかれたワケですが、
「このお金、いくらか返ってこないかなー」と思い立ち。

調べてみることにしました。

まずは過払い計算機で、ざっくりいくら返ってくる可能性があるのか見てみましょう。

私は大体110万くらいの借金を、31ヶ月(推定)かけて返済しました。
(手元にあった返済の明細が、借金開始〜残り9回までの分しか残っておらず、
 繰上げ返済した可能性があるため(推定)としています)
この数値でシミュレーションしてみましょう。


47

ああ、借金額と返済年数だけからざっくり出してくれるのね。
取られてる利息についてはシミュレーションでは考慮しないっぽい?
シミュレーションサイトは上記の他にも色々あるようなので、
見比べてみるのも良いかもしれません。


さて、返済されるかもしれない過払金が存在することがわかったので。
「結局どこに問い合わせたらいいんだろうなぁ」となるワケです。
色々検討材料はあると思いますが、私は「債務整理ナビ」で探すことにしました。

横浜の法律事務所が見つかったので、
そこに問い合わせフォームから、わかってる範囲の情報を投げました。
希望連絡方法について電話かメールかを選べたので、私はメールにしました。
手元にエビデンスが残らないと怖いので。

問い合わせ内容については、フォーム送信後に、
以下のような感じでメールでリマインドしてくれます。

image


あとは法律事務所さんから返答が来るのを待つ感じですねー。
色々サイトを見て回った感じだと、必要情報を法律事務所さんに教えれば、
調査やら返済交渉やらは全部向こうでやってもらえるみたいです。
この辺り、進展したらまた記事にしようと思います。
 
 
執筆者プロフィール

※この領域は現在工事中です

↑このページのトップヘ