上記記事のお話の続きです。

purseやAvacusのように、時間差による購入代行を依頼するサービスでは、
私が体感した限り、「書籍」を購入していただくのがおすすめです。
理由はいくつかあります。金銭的で無いところが大半ですが。


(大半の場合)少額での決済になるので、buyerが買いやすい

buyerってのは、商品を買って届けてくれる人のことです。
彼らは「Amazonポイントをビットコインに交換したい」などのモチベーションで、
seller(商品が欲しい人)との関係性をスタートさせます。

このとき、あまり高額な商品をオーダーしていると、
単純に買ってもらいづらいです。
その点書籍は1,000〜3,000円のラインでしょうから、
チップ感覚で購入することができます。

生鮮食品や大きいものが「いつか届く」という状況は、結構リスキー

Avacusのようなサービスって、sellerにとっては、
「いつ届くかわからない」というリスクが付きまとうんですね。

仮に、生鮮食品がある日突然届いちゃって、その日冷蔵庫がパンパンだったら。
仮に、大きい荷物がある日突然届いちゃって、置き場所がなかったら。

そう考えると、書籍については、いつ来たって大丈夫な気がします。
最悪、積ん読なりインテリアになるだけなので。

「いつか読もう」と思ってた本が手元に届くので、読書習慣が身につく

私は「若者の活字離れ」を絵に描いたような本嫌いだったのですが、
それでも、「あ、この本ちょっと読んでみたいな」って思うことがあるんですね。
で、「とりあえず欲しいものリストに登録しておくかー」と。
だいたいの場合はこれで終わってました。

これを、Avacusのようなサービスに登録しておくことで、
お家に本が届くんですよ。



届いちゃったら、まぁ読みますよね。
おかげさまで、今ではすっかり本の虫です。
電子書籍もいいですが、紙の本も悪くないな、と思ったりもします。

ある日突然本が届くので、何者かに「今、読むべき本はこれ!」と言われた気分になる

気になる本をAmazonで探しつつ、欲しいものリストに登録して、
「とりあえずAvacusに登録して、いつか届けばいいやー」くらいの感覚で放置。

ぶっちゃけ、「その程度」の本って、今すぐ読む必要は無いんです。
というか、すぐ読みたい本なら、それこそ電子書籍でいいんです。

人に買ってもらうことで、自分が「ちょっと欲しいな」と思ってた本が、贈り物として届く。
多分、そのタイミングこそ、あなたがその本を読むタイミングなんだと思います。

buyerとsellerとの間で、書籍を通じて物語を共有できる(気がする)



Avacusには、取引ページごとにメッセージ機能があって、
上記のようなやりとりが可能です。
そこで、本の感想などを語り合うのも面白いかもしれません。

そうでなくても、例えば、buyerがお買い物リストを眺めていたときに、
「お、私が以前読んだ本を欲しがっている人がいる」
「その本、本当にオススメだから、私が贈ってあげよう」
みたいなことが、起きてるんじゃないかなと思います。

この辺、私はbuyer側に回ったことがないので、想像で書いてますが、
少なくとも、Amazonギフトカードを買ってあげる時よりかは、
モチベーション高く購入に結びつくんじゃないかな、と。

受け取った側は受け取った側で、
「この本を買ってくれた人も、この本を読んだのだろうか」
「いつかこの本を買ってくれた人と、この本について語り合えたらいいな」
と、手元の本に対し、ちょっとした物語が生まれます。




 * * *

あくまで、個人的な体験をベースに、ここまで書きました。
実際のところ、今後どうなって行くのかは、引き続き追っていきたいです。

Avacusが気になってる方は、以下から覗いてみてください。