画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。


20180114_113830

1/14(日)に、吉祥寺にて開催されたイベント、
『第3回みんなでつくるバリアフリーマップ〜吉祥寺まち歩きイベント〜』
こちらに参加しました。

イベントの内容としては、
車椅子ユーザのみなさんと、自身も車椅子に乗りながら、
街を散策し、バリアフリー情報(及びバリア情報)を地図アプリに収集する、
というものです。

使用したアプリについては、以下の記事にざっくり説明しています。
(このアプリの制作会社さん主催のイベントです)



当日は、国交相の方がいらっしゃっていたりなど、
なかなかに注目されているイベントのようです。

事前申し込みが必要(しかも登録時点で満員御礼)のイベントにも関わらず、
あろうことかその事実に気付いたのがイベント開催日の3日前だった私ですが、
当日、ゲリラ的に受付にて拝み倒して、見学枠→キャンセル発生で班配属と、
神対応を頂きました。本当にありがとうございます。ご迷惑をおかけしました。

本当に、色々なことに気付かされるイベントでした。
順を追って書き綴っていこうと思います。

我々の、「吉祥寺まち歩き」というテーマをガン無視した、
「聖地巡礼」の旅路について−−−

聖地1・"子鉄"の聖地、三鷹車庫

「どこに行きたい?」と班のメンバーに投げかけたところ、
最年少の男の子から「三鷹の車庫が見たい!」とのリクエスト。
この子はどうやら電車が好きらしい。
彼のような「こどもの鉄道ファン」のことを、巷では「子鉄」と呼ぶとのこと。

20180114_095513

班ごとに配られた「ミッションビンゴシート」の中に、
「電車 or バスに乗る」とのお題が。
吉祥寺から中央線に乗って三鷹に移動することで、達成出来そう。
ということで、第一目的地が決定。

20180114_113854

吉祥寺の商店街のメインストリートは広く、
お昼前の人混みでも、正面から軽自動車が来ても、
意外と車椅子での移動は余裕そうな印象ではあった。

20180114_120547

三鷹駅から「聖地」へと向かう道。
歩道は、電柱に阻まれると車椅子1台分の道幅しかなく、
車道は一本道かつバス通り。
とっさの場合の逃げ場がなく、介助者抜きでの通行はハードルが高い。

20180114_121149

途中、歩道と車道の境界から「段差」が消えた。
ガードレール的なオブジェクトこそあれ、
これなら、とっさに対向者を避けたりなどの対応を取りやすい。
歩道と車道の境界はフラットな方がよいのかもしれない。

20180114_121448

子鉄の聖地である、車庫が見下ろせる陸橋。
この日、多くの親子連れが、その景色を楽しんでいた。

しかし、ここは陸橋である。

20180114_121243

陸橋に上がって景色を楽しむには、階段を昇らなければならない。
陸橋自体はかなり古い時代に出来たものらしく、
「バリアフリー」の「バ」の字もないような状況だ。

結局、車庫を楽しんだのは、目的地をここに定めた男の子のみ。
車椅子では、橋の上の景色を楽しむことは出来ないらしい。
日々、こうした小さな「諦め」を繰り返しているのだな、という気付きを得た。

聖地2・オリィ研究所

今回使用している、バリアフリーマップアプリ「wheelog!」。
その運営に携わっている、吉藤オリィ氏の研究所が、
三鷹と吉祥寺の間にあると聞きつけた我々は、
そこで集合写真を撮ることにした。

20180114_134411

オリィ研究所は、このマンションの一室に所在するらしい。
看板などが出ているわけではないので、知る人ぞ知る聖地と言えよう。
なお、集合写真の掲載については、班員のプライバシーの観点から割愛する。
また、吉藤オリィ氏が何者なのかは、別途記事を書き起こす予定だ。

「予約不要」の電車移動

吉祥寺駅から三鷹駅へは、JR中央線を使い移動する。

20180114_115111

乗車時、電車とホームの間が広く空いており、
車椅子利用者だけで乗るのはなかなかに至難の技だ。
我々が苦戦していると、駅員が駆け寄ってきて介助してくださった。

我々の班に所属する、普段から車椅子を利用している方。
彼は今回、新潟からやってきた。

曰く、「新潟で車椅子で電車に乗るときは、
駅員に補助をお願いするために予め電話予約する」とのこと。

こうした、とっさの助けが得られるのは、都市部の強みなのだろう。
同時に、地方での車椅子生活は、本当に大変そうだと思った。

エレベータ・ダイバーシティ

今回の街歩きで、たくさんのエレベータに乗った。
立地の事情等あるだろうが、ここまでエレベータという乗り物は多種多様なのかと驚いた。

20180114_120308

前後方向に2台、余裕で収まるもの。

20180114_123001

1台乗るのがやっとのもの。

20180114_115532

ベビーカーと併せて、横方向に2台乗れるもの。
本当に様々だ。

多目的トイレを巡る奔走

昼食を三鷹のアトレのレストラン街で摂っていた。

20180114_132054

移動前にトイレ休憩を挟もうとしたが、
レストランフロアに多目的トイレが無い。
これも、建物が古いことによるものなのだろうか。

フロアマップを確認したところ、
1階に多目的トイレがあるとのことで、降下。

20180114_133339

エレベータを降りると、何故か我々は建物の外にいた。
どうやら介助車両用の駐車場らしい。

20180114_132533

多目的トイレは、扉を挟んだ内側、建物の中にあるらしい。
しかし、目立つ案内が無く、我々はしばらく戸惑ってしまった。

百歩譲って、レストランフロアに多目的トイレが無いのは仕方ないとしよう。
しかし、無いなら無いなりに、利用者が迷わないように動線をしっかり引いて欲しい。
そんなことを、この一件で考えた。

トラップ・トラップ・トラップ

街歩きの最中に遭遇した、その他のトラップについて一挙に紹介しよう。

20180114_114143

一見、バリアフリー対策がなされているように見える、
歩道と車道の間の微妙な傾斜。

普通の車椅子だと問題なさそうではあったが、
車種によっては、車椅子の乗車時に足を置くステップが引っかかってしまう。

これは、インフラの問題というよりは、車椅子側の問題なのかもしれない。
曰く「ステップが高いと足の位置が高くなり、疲れる」とのこと。
これは対策として「ステップを下げる」だけで無く「椅子の高さを上げる」対策が必要か。

20180114_114630

切符売り場、もう少しユーザビリティが考慮されないものだろうか。
車椅子からでは、とても操作しづらそうだった。
とはいえ、ICカードリーダ時代になってから久しいので、
ここにコストを割くのはあまり得策では無いのだろうか。

20180114_135741

公園の歩道の舗装が剥がれている。
歩行者にとっては、なんてことないことだろうが、
車椅子・ベビーカーユーザーにとっては死活問題であろう。

20180114_135542

井の頭公園の入り口の車止め。
なんでも無いように見えて、間隔が狭く、車椅子ぴったり一台分。
公園に出入りする際に、慎重な操作が求められることになる。
車止めの配置の間隔については、何かしらの規定は無いものなのだろうか。

 * * * 

課題評価と過大評価

そんなこんなで帰還し、振り返りおよび、班ごとの発表タイム。

冒頭の「ミッションビンゴシート」を全達成。
加えて「wheelog!」に対する情報登録も多く、
(競うことが目的のイベントでは無いにせよ、)
我らの班はトップの成績を収める結果となりました。

そして、イベント開始時に特に説明のなかった「個人賞」の結果発表。
なんと「スポット登録」「つぶやき投稿」「総合成績」で、
私が三冠を獲得してしまうという事態に。
飛び入り参加者が出しゃばってしまい、若干の申し訳なさ。



副賞として、色々頂いてしまいました。




総じて、とても楽しいイベントでした。
次回があれば、ぜひ参加したいです。


「wheelog!」については、春から始める自分の事業とも絡ませたいな。
「ICT×地域情報」の教材として、十二分の魅力があるので、
引き続き愛用させて頂くことになると思います。




執筆者プロフィール

※この領域は現在工事中です

↑このページのトップヘ