画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。




三十路祭りに行ってきました。



右を見ても左を見ても同い年しか居ないという不思議な空間。
まぁ、15年くらい前まで、自分もそんな空間に居た気がしますが。

私のお目当は、トークショー。
登壇者は、おそらく1987年生まれというだけでキャスティングされた、
落合陽一氏と、黒田有彩氏。

「日本再興戦略」をはじめとする「落合四部作」を読了した直後の私としては、
移住前に、一度落合氏にお目にかかりたいと思っていたので、
これはまたとないチャンス。



同じ87年生まれの我々に対し、どのような言葉が投げかけられるのか。
そうした期待を胸にイベントに赴いたのですが……


とりあえず、トーク内容はtsudaっておきました。



結論から言うと、落合氏は世代論に興味が無く、 
「同調しすぎるから同世代で固まるのはよくない」くらいのことを発言していました。
(発言を総合するに、イベントの趣旨を理解してない状態で登壇していたようでした)

 * * * 

さて、私は2018年に入ってから、落合氏の他に、2人の「87年生まれ」を見てきました。

「ロボットコミュニケーター」の吉藤オリィ氏。



ライブストリーミングサービス「SHOWROOM」代表の前田裕二氏。


私は、同世代として、彼らの著書も拝読しました。

彼らの原体験。
それを源泉とした狂気。
それが原動力となり生み出される思想・プロダクト・サービス……

自分と同い年の実業家たちが、こんなにもエネルギーを持っている。
間違いなく、「この世代がポスト平成を推し進めていく」という感触を得ました。



また、オリィさんから以下のような情報も。


87年生まれの実業家、まだまだ探せばゴロゴロ出てきそうですね。
それも、ただ自身の事業を成功させるだけでない、
日本の技術・思想・機会・価値観をアップデートするようなタイプの実業家たち。

個人的には、かなり残念でした。
落合陽一氏が、この狂気にまみれた87世代を視界に捉えていないなんて……!

 * * * 

私、未だに漫画の「ONE PIECE」を(単行本で)追ってるんですが、
新世界にて、ルフィ率いる「麦わらの一味」をはじめとしたルーキー海賊団は、
「最悪の世代」と呼ばれています。

あくまで、そう「呼ばれている」だけで、
本人たちは(私が認識している範囲では)一切名乗っていないのがミソです。



いずれ、我々87世代も「狂気の世代」として語られるのではないか。
そんな予感がしています。
願わくば、先に挙げた彼らとともに、その先頭を駆け抜けていきたいものです。

小幡和輝氏、白井響氏、中島太一氏など、
注目の若手が続々と世に放たれていますが、
我々30代も、まだまだ負けてはいられません。
(こんなセリフが出てくる時点でおっさん化してる気もしますが)

 * * * 
直近の夢としては、
「落合陽一氏と吉藤オリィ氏が
 うきは産のワインを飲みながら
 ロボティクス談義しているところをSHOWROOMで配信する」
みたいな企画をやりたいですね。
これ、スケジュールの調整だけでどんだけ労力かかるんだ……
執筆者プロフィール

※この領域は現在工事中です

↑このページのトップヘ