画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。


大学時代の恩師(ISO学生委員時代を含めると配属ゼミの教授よりも付き合いが長い)に、
福岡移住の前にご挨拶に伺いたい旨を連絡したところ、
なんと壮行会を開いて頂けるということで、
お言葉に甘えて「野菜の美味しいお店」をリクエストさせて頂きました。



「地産地消のお店」ということで、
上記の書籍に掲載があり、教授が以前から目をつけていた、
「大ど根性ホルモン」というお店に、連れて行って頂きました。




店舗への道のりは、横浜駅を西口に出て、ハマボウルの方向を目指します。
川をハマボウル側に渡って、河合塾の大きな建物を超えたさらに先に位置しています。



どう見てもホルモン屋さんです。
本当にありがとうございました。



お店は地下にあるのですが、そこに向かうまでにもう一つ立て看板が。
店舗名が「大ど根性ホルモン」なのに、その他の記載はかなり横浜野菜を推しています。

我々がお店に入ったのは17時半ごろ。
そこから1時間近くは、他のお客さんの姿が見えず。
祝日明けの木曜日だったことと、店舗周囲を見るに「オフィス街」って感じじゃないんですよね。
まぁ、それでも退出する20時半頃には結構賑わっていました。



トマトサワーとお通し。
この日は「トマト祭り」ということで、
トマトサワーに「赤」「黄」「緑」の3種類が用意されているとのこと。
何の心の準備も出来ていなかったので、無難に赤を選んでしまった……
さっぱりしててグビグビ行けましたね。



ど根性サラダ、本当に横浜市内の各区から野菜を取り寄せている……
自分の住んでいる「都筑区」とか書いてあると、テンション上がりますね。
(流石に時期的にナスは盛られませんでした)

通常サイズを頼もうと思ったら、
「ボリュームが多いのでお二人だとキツイですよ」と言われたので、
小さめサイズをオーダー。



小さめでこの量である。
二人で頂くには、ちょうど良い量でした。

いやぁ、口に入れる一口一口、ちゃんと野菜の味がするのが本当に嬉しい。
ファミレスやファストフードの付け合わせの野菜でがっかりすることが多かったので、
「野菜が美味しい」ってだけで爆アドですね。
紫人参の甘さにだいぶ驚きました。
あと、ドレッシングも美味しい。



2杯目。トマト祭りをガン無視した小松菜サワー。
「苦い系かな?」と思って頼んで見たものの、苦味やエグ味は全くなく、
これまたスルスルと飲めてしまいました。
野菜不足に悩む酒好きの皆様には良いかもしれません。

写真を撮り忘れたのですが、
こちらのお店で取り扱っているホルモンも、横浜のブランドのもののようでした。
ホルモン串の5種盛りをオーダーしたのですが、
脂の乗ったものから、いかにも「レバーっ!」ってものまで、様々な食感が楽しめました。

あと、冷奴(豆腐が都筑区産)を注文したのですが、



一緒に出てきた醤油も横浜ブランド。徹底しています。



「横浜醤油株式会社」って、そのまんまっすね。



あと、鰹節を削るのはセルフです。
このアクティビティ、久々だなぁ。

これまた写真を撮り忘れたのですが、
デザートのみかんシャーベット、このみかんも当然横浜産。
地産地消のお店、本当に徹底しています。

 * * * 



料理がおいしいと話が弾みますね。
事業計画の話、家庭菜園・シェア畑・農業の話、今年のゼミ生の話……

ブログを通じて、どこに居ても近況を報告できるのが大変ありがたいなぁと、しみじみ思います。
福岡での活動自体にも当然尽力はしますが、
関東でご縁の出来た皆様に、「元気になんとかやってるよ!」と伝え続けるために、
今後もブログでの発信は続けていく所存です。

ちょっと今(2018.3.23)、創業計画書の更新作業を優先しているため、
ブログ記事の更新が滞っていますが、
ぼちぼち並行して執筆作業はしていきますので、乞うご期待。

執筆者プロフィール

KOBA / KOBA5884 / 小林佑輔

1987年生。青春時代及び社会人経験の初期を神奈川県で過した後、2018年5月、福岡県うきは市に移住。

システムエンジニアとして食い繋ぎつつ、そこで培ったスキルを地域貢献に活かせないか模索中。

詳しいプロフィールはこちら

↑このページのトップヘ