koba_line


(以下、山場もオチも無い近況報告記事です)

仕事を辞めて(正確には3/30までは有給消化期間ですが)、
創業に向けて、市場調査やら、融資の相談のための計画書やら、
法務局に提出する定款やらの準備を進めています。
 
これらの諸々の作業は、今のところは一人で進めています。
成果物・提出書類として、然るべき方々や機関にはお披露目するのですが、
制作過程については、誰にも共有せず(※)、一人で書き切ることに決めました。
(※戯れにVALUのVA保有者限定公開にチラッと書いたりはしてますが)

そう決めたのは、自分自身の心身の弱さと折り合いをつけた結果です。

"雇用"の理から外れると、誰も作業の終始を決めてくれない

日常生活から「出勤する」というルーチンが消えたことにより、
ものの見事に、朝、起きるということが出来なくなりました。
そりゃあもう、正午直前までぐっすりと。

一昔前の自分が聞く限りには、だいぶ羨ましい話なのですが、
今の状況の自分からすると、
「また午前中に作業出来なかった……」
と、控えめに言って最悪なメンタル状態での朝を迎えます。

なにぶん、創業までに準備することは山ほどあります。
収支計画然り、購入物品の選定然り……
それらはそれなりに手を付けられているのですが、
エンジニアとしての勘を衰えさせないように、プロダクトを作ったりとか、
知識吸収のために本を読んだりとか、本当はもっと色々なことを並行してこなしていきたい。

しかし、現状でそれが出来ていない。
「何をすべきか」の列挙は出来るが、
「どのレベルまで作りこむのか」というジャッジが、
ひとりでやるには不安が残りすぎる。
誰も、作業の「終わり」を決めてはくれない。

現在進行形でガス欠なう

朝(ほぼ昼)の目覚めは最悪、
作業の終わりは見えない、
他にやりたいこと、やるべきことは山のように残っている。

「何に対して最優先に着手しなければいけないかわからない」
「しかし、とにかく手を動かしていないと不安」

あれ?これ消耗するパターンじゃん。
ひとりデスマーチじゃん。

「何をしていても、他のやるべきことが頭にチラついて集中できない」
「目の前のものが完成しているかどうかもわからないので、進捗しても達成感が湧かない」

ああ、これ、体力だけ持っていかれるやつ。
というわけで、ガス欠状態のまま走り続けているのが今です。

アドバイスや指摘が全部「人格否定」に聞こえてくる

こういうとき、誰かと励ましあって作業出来ると理想なのですが、
残念ながら、心身のエネルギー切れにより、こちらにその用意がありません。

アドバイスを投げかけて来るその人は、
私が立てている計画や、私がつくるプロダクトに対して、
どれだけのリスクを共に負う覚悟があるのだろう。

そうした覚悟や背景の見えない状態での、
こちらへのあらゆる言動は、全て「否定的な感情」に見えてしまう。

私は誰かに自分の何かを否定されると一気に心身を崩すので、
そうした感情を向けて来られるリスクについては、極力排除しないと身がもたない。

 * * * 

肯定的な意見や激励については、大変励みになっています。
この場を借りて、改めて感謝を。
多分、今の私に必要なのは、せっかく灯った種火に対して、ガソリンを撒くことなんだろうな。
今、水を撒かれるとそのまま燻ってしまうので。

とはいえ、いいものを作ろうとするならば、
それなりに他人からの指摘は聞かなければならないわけで。
ちょっとまずは、そう出来るだけの「気力」「体力」を取り戻さねばなりません。

ちなみに、この文章を書いているのは早朝4時半。
朝起きれないのは、そういうところからなのは明白ですわな。