koba_line

シリーズ「個人的昔話」の執筆目的


事業発足に必要なのは、
その事業に傾ける「情熱」であり、
「情熱」の源泉は、事業発起人の「原体験」にある。

実業家たちの本をいくつか読み漁って、
上述の仮説を得た私は、
自身の「原体験」を掘り起こすことを思い立った。

原体験を振り返り、
そこで得た人生の糧を、
自分がこれから起こそうとしている事業に活かすことを目的とした、
一種のブレーンストーミングである。

今回の「原体験」

地域のこども会が主催する「クリスマス会」にて、門前払いを受けたことがある。

私の両親は、両親とも福岡県の出身ではあるが、
私の「出生地」は大分県である。
父が転勤族で、小さい頃は引っ越しが多かった。

そんな引っ越し先の一地域で起きた出来事。
私は当時6歳だった。

月に1回、住んでいるマンションのゴミ捨て場にて、
地域のこども達が集まって「空き缶潰し」をしていた。
彼らは「こども会」のメンバーだった。

私は、家庭が転勤族だったこともあり、
こども会には加入していなかった。
しかし、「空き缶潰し」は参加させてもらえた。
同年代のこども達と、ワイワイ空き缶を潰すのは楽しかった。

12月、自宅近くの児童館にて、クリスマス会が開催された。
参加資格があるのは、こども会加入のこども達。
「空き缶を一緒に潰した彼らが参加している会なら、自分も混ざれるのでは」
と思い、私も参加しようとしたが、追い返されてしまった。
私はその日、泣きながら家に帰った。

続きを読む