画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。

カテゴリ: 地方移住構想






完全に私の一方的な思いつきで、彼に会いに行くことにしました。



続きを読む

事業構想_201706

私は、福岡県うきは市での事業の一環として、「ICT教育」をやりたいと考えています。

それはどんな形になるのかは、現状ではわかっていません。
公民館みたいな形で人を呼び集めての講習になるのか、
実際に学校に赴いての授業になるのか。

まだ形は決まってないけど、「ICT教育」をやりたい。
それは、日本の「地方」が生き残るための重要な「武器」になると思うから。続きを読む






先日、以下のような記事を投稿したところ、
VALU関係でフォロー頂いた方から反応頂きまして。


その方は、林業分野で問題意識を持っている方で、
上記の記事に書いたような、「ノウハウのアーカイブ化」に、
興味を持たれているとのことでした。
 続きを読む


事業構想_201706

私がやろうとしている事業の構想の一つに、
「小中高校生を対象にしたICT教育」を掲げています。

これは、収益性を重視した事業ではなく、
あくまで、地域に溶け込み信頼を得るための事業と位置付けています。

さて、7/9(日)に、私がICT教育の事業モデルにしようとしている、
「ジュニア編集局」という、
「こども達で、こども達のための新聞を作る」という趣旨の活動を見学させて頂き、
仕掛け人の方々にお話を聞くことが出来ましたので、
簡単にですがレポートを書いてみます。

(ご本人達からブログ掲載の許可を頂きそびれたので、
 具体的な組織名等の明記は差し控えさせて頂きます)
続きを読む



 
多分、このブログに辿り着く人に対して「VR」について説明しても、
釈迦に説法だと思うので、詳細な説明はしません。

で、私は、このVR技術を使って、
「ノウハウのアーカイブ化」が出来ないかと考えています。

まぁ「ノウハウのアーカイブ化」という言葉は友人からの受け売りだし、
構想自体も、既に導入されている事例を元に、フィールドを変えただけなんですけれども。

続きを読む

↑このページのトップヘ