画面は開発中のものです

人生とは、永遠のβテストだ。

スポンサードリンク




(写真は晩秋のうきは。うきはで紅葉と言えば「柿園」の紅なのだ。)

-----

「節目に何かする」というのが、あまり好きではない。
元日や誕生日だからといって、その先の1年の目標を立てることもしないし、
歳末だから大掃除という風習にも違和感を覚える。
(かといって、常日頃から居住空間が清潔に保たれているかは別問題)

されど、今年だけは。
自分の中では大きな決断と行動の伴った、この年の歳末だけは、
振り返って残しておいてもいいんじゃないかと、思い立ったのが大晦日の夕暮れ時。

正直、筆が重い。
「年初に思い描いていた年末の自分」に、今の自分がほとんど近付けていない。
焦りや不安や挫折感を抱えたまま、それでも筆を執る。続きを読む





私はこの記事を書くにあたって、
「なぜゆるキャラグランプリの投票期間中に執筆しなかったんだ……」
と後悔していますが、それはさておき。


うきはの"ゆるキャラ"である「うきぴー」が、twitterアカウントを開設しました。
夏のおわりの話です。

続きを読む




しばらくぶりのご報告となってしまいました。

あらためて、このシリーズ「うきは本籍地開拓日誌」の趣旨の説明をば。

私は2018年5月に、神奈川県横浜市から福岡県うきは市に移住しまして。

移住先にうきはを選んだのは「本籍地がそこだから」という理由が大半なのですが、
その本籍地、かれこれ15年くらい空き家になってしまっているのです。
床から竹が生えていたり天井が落ちていたりしていて、到底人の住める状況にない。

今、私は、その本籍地からバイクで5分ほどの立地にある単身者向けのアパートに暮らしており、
ほぼ毎週末、空き家になった本籍地に赴いて、庭の手入れなどをしています。

「うきは本籍地開拓日誌」は、その様子を書き綴ったものです。
この記事で第5回。
過去回の閲覧は以下からどうぞ。


ちなみに、このシリーズの前回の更新が6/26で途絶えてますね。
約4ヶ月ぶりの執筆となります。
twitterの方ではちょこちょこ状況報告していたので、
そちらもまとめながら、様子をお伝え出来れば。
続きを読む

スポンサードリンク

↑このページのトップヘ